善玉菌が増加する

ビフィズス菌の持つ効果とは何でしょうか?
もっともその効果が知られているのは、整腸作用です。

悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌を増やすことによって、腸をきれいに保つことができ、それによって便秘や下痢の改善につながると言われています。

整腸作用があり、便秘や下痢の改善につながることは、さまざまな二次的な効果をもたらします。
まず、便秘や下痢が続くことによって、必要な栄養素が取り込まれることを阻害したり、逆に体に必要ない毒素が滞留してしまったりすることで体調が悪くなるなどの弊害が出てきます。

体内の毒素が滞留すると、免疫力の低下につながります。
また、悪玉菌が増えることによって腸内は悪臭や悪いガスがたまり、体臭が悪くなったり、毒素のために発がん性物質が作られてしまったりという弊害もあります。

整腸作用によって便秘や下痢の改善をすることは、これらの原因にアタックするという効果があるのです。

また、美容面での効果も見逃せません。
腸内環境が整うことによって、体に良いものはスムーズに取り入れられ、必要ないものは排出されるようになりますので、その結果として肌荒れが改善する方も多いです。

なかなか、吹き出物が治らないと方は、洗顔だけでなく腸内環境を見直してはどうでしょうか?
吹き出物ができる原因は様々で特定するのは困難ですが、意外にも腸内環境の悪化が原因だったこともあるようです。

ビタミンや睡眠を十分とることも大切ですが、それでも改善されない場合、食事や肝機能を疑った方が良いかもしれません。

また、体に必要ない毒素が排出されることによって、美容の大敵ともいえる「活性酸素」の生成を抑えることもできます。活性酸素といえば老化を引き起こしてしまう物質とも言われますので、アンチエイジングの観点からも、ビフィズス菌は良いものと言えるでしょう。

トップページへビフィズス菌のちからトップへ