乳酸菌の一種

ビフィズス菌といえばどんなイメージがありますか?

なんとなく体によさそう、ヨーグルトに含まれているなど、人によって抱くイメージは様々でしょう。
ですが、健康や美容に良いというのは一般的にも浸透しているかもしれませんね。

そもそも、どんなもので、どう体に効くのかは、意外に詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

ビフィズス菌は、人間の腸のなかに住む菌のひとつで、お母さんから赤ちゃんに引き継がれます。
腸のなかに住む菌といっても種類はさまざまで、腸内環境を正常に保つ善玉菌と呼ばれる菌もあれば、腸内の腐敗を進めたり悪さをしたりする悪玉菌もあります。

ビフィズス菌はこのうちの善玉菌に該当し、腸内に多数のビフィズス菌が増えることによって、便秘や下痢の改善、免疫力の増加などが期待できます。

便秘や下痢はそれ自体が不快ですが、その状態が続くことによって、スムーズな消化吸収が阻害されたり、肌荒れとなって表れたりとさまざまな不調が出てきます。いわば、ビフィズス菌によって腸内環境を正常に保つことは、健康や美容の基本ともいえるのです。

そんなビフィズス菌は、もともと人間の腸のなかに住むものですが、ストレスや食生活の乱れ、加齢などによって減少してしまいます。

これを防ぐためには、ビフィズス菌を助ける働きを持つ乳酸菌を摂ることや、ビフィズス菌自体を摂ることで補うことができます。食べ物に気を付けてそれを実現する方法もありますが、最近では手軽にサプリメントなどを使って補う方も多くいらっしゃいます。

トップページへビフィズス菌のちからトップへ